や{る|りたい}こと

Shazam が論文を出していて(2003)、類似音声を識別(音声指紋: Audio Fingerprinting)し、鼻歌検索とかできるかくかくしかじかである(という程度の認識しかない)。やってみたいのだが、信号処理の知識がないので実装できる気がしない。生論文を咀嚼した解説記事もあるのでそれを足がかりにちょっかいを出している。一週間ぐらい英語辞書を片手にクダを巻いて歯が立たなかったらトンズラすると思う。

知識がないなら基礎をやれというお叱りはごもっともですが、実践がよく分からないとモチベーションが湧かないのでやっていきます。記事にしてるのもやる気のためです。